即日でお金を借りたい場合どうすれば良いのでしょうか?

ここでは今日中にお金を用立てしなければいけない、そんな方のための即日でお金を借りる方法を紹介していきます。

■急ぎで即日お金を借りたいのなら大手カードローンやキャッシング!

とにかく今日中にお金を借りたい、いますぐにでもお金が必要といった緊急を要する場合は大手金融機関や貸金業者のカードローンもしくはキャッシングがお勧めです。

大手のカードローンやキャッシングは、非常にスピーディーな対応で今日中にお金を借りたいというニーズに応えてくれます。

ローンを組むとなると時間がかかるイメージが強いですが、カードローンやキャッシングなら、最短1時間程度で即日お金を借りることも可能ですから、急いでお金が必要な方はカードローンやキャッシングを利用すると良いでしょう。

ローンで1番時間がかかるのは審査です。

貸しつけたお金を確実に返してもらう必要がありますから、慎重に行なわなければいけずどうしても時間がかかってしまいます。

しかし大手の銀行や消費者金融はスピーディーに審査できるためのノウハウや仕組みが整っていますので、他の金融機関よりも早く審査することが可能となっています。

お金を借りる会社を選ぶ際は、審査にどれぐらい時間がかかるのかを基準に選ぶのも一つの手かと思います。

審査スピードに自信があるキャッシング会社なら、「最短30分で審査完了」「スピーディーに回答します」といったように、審査スピードが早いことを堂々とアピールしているケースが多いです。

中には大手ではなく名前も聞いたこともないような中小の金融機関でも、即日にお金を借りることもできる業者もあります。

中小の金融機関は大手とは異なり地元密着型であり、地元住民を優先的に貸付業務を行なっています。

中にはインターネットにて申し込みを受付しており、全国対応の中小サラ金もあります。

しかし中小サラ金ですと、必ず来店しないと即日でお金を借りることが出来ないケースが非常に多いので注意が必要です。

店舗数が少ないですから、来店が難しい可能性もありますので、結果的に即日でお金を借りたいと思っても借りれずに終わってしまうかもしれません。

中小サラ金を利用する際は、この点に十分注意して申し込みしましょう。

また中小サラ金の中には悪質な貸し付けを行なっているところも少なくありません。

中小は全て悪質というわけではありませんが、基本的にどこも知名度が低いため、悪質業者を見抜くのが難しいです。

大手消費者金融のほうが利用しやすい上に使い勝手も良いですから、無理に中小サラ金に申し込む必要はないでしょう。

最近では銀行でも即日融資に対応しているところが多くなりました。

銀行のカードローンやキャッシングは消費者金融に比べ金利が安いのが特徴です。

金利が安いということはその分支払う利息額が少なくて済むということになります。

その為、低金利でお金を借りたいという人から非常人気があります。

ただ銀行の場合、お金を借りたいと思って簡単に借りれるようなところではありません。

金利が安い分審査基準が非常に厳しく、正社員でないと正直融資を受けるのは難しいです。

審査が厳しいということはそれだけ時間がかかるということでもあります。

即日融資を謳っていながらも、実際はその日に間に合わない可能性のほうが高いですから、やはり大手消費者金融でお金を借りるのが良いでしょう。

■ただし「条件」を満たさないと即日でお金を借りれないので注意!

即日融資に対応しているキャッシング会社なら無条件でその日に融資してくれる、というわけではありません。

即日でお金を借りたいという場合でも、きちんと条件を満たしていなければいけません。

即日融資をする上で必ず抑えておきたいのが、申し込みの締め切り時間もしくは手続完了の締め切り時間です。

これは各キャッシング会社によって異なりますが、「何時までに申し込み」もしくは「手続きを完了」させれば、即日お金を借りることが可能かを表しています。

例えば午前10時までの申込受付に関してのみ当日審査・融資可能、と言う場合、その名の通り午前10時までに申し込んだ場合にのみ、当日中に審査結果を回答し可能であれば融資実行しますということです。

キャッシング会社ではこのように締め切り時間を必ず設けています。

中には申し込み締め切り時間を明記せず、〇〇時までに手続きが完了した場合は即日にお金を借りることが可能、といったように締め切り時間ではなく手続完了の時間を記載しているとこともあります。

この場合ですと、何時までに申込みすればよいのかは分かりません。

ですから出来るだけ早めに申し込みを済ませておくのが無難かと思います。

時間ギリギリでは当然間に合いませんから、遅くとも午前中には申し込みしておくのが良いでしょう。

融資を受ける前日にはお金が必要なことが分かっている場合は、その日の夜にネットで申し込みを済ませておくのがより確実です。

殆どのキャッシング会社は、即日融資を口座振り込みで対応します。

基本的に振込先の口座はどの金融機関でも問題ないのですが、中には銀行を指定しているところもあります。

特に銀行カードローンに多いのですが、指定の銀行以外の口座は即日キャッシング不可としている可能性が高いです。

口座振り込みを希望する際は、振込先の口座に指定がないか確認すると良いでしょう。

指定の銀行口座を持っていない場合は、開設してからカードローンの申込手続きを行ないますので即日でお金を借りることは先ず無理でしょう。

また口座振込の場合、時間制限がかなり短い点にも注意が必要です。

銀行は15時までの営業ですから、それまでに振り込みが完了していないけといけません。

但しギリギリですと間に合わないですから、手続きは早めに完了できるように申し込みは早めにしておくことが大切です。

審査時の在籍確認は基本的に電話連絡で行ないます。

電話には本人が出る必要はありません。

会社が休みの日ですと在籍確認が出来ませんので、この場合は他の代替措置がないか相談してみると良いでしょう。

在籍確認をクリアしないと、お金を借りたいと思っても借りれませんので、電話が無理な場合は在籍を証明できる書類の提出で、在籍確認可能かどうか問い合わせてみることをオススメします。

大手消費者金融や銀行であれば給与明細や社員証で対応してくれる可能性が高いです。

■休日に即日お金を借りたい場合でも自動契約機を使えばOK!

土日祝日にお金を借りたい場合、通常とはやや異なる方法で手続きする必要があります。

即日融資は基本的に口座振り込みですが、土日祝日は銀行が休みとなるので、振込手続きをしても反映されません。

そこで自動契約機の出番です。

大手消費者金融にて設置されている自動契約機を使って手続きすることで、土日でもいますぐ即日にお金を借りる事が可能となります。

借入方法はローンカード発行となるのですが、通常は受け取りが郵送となるので、すぐにお金を借りたいと思っても物理的に間に合いません。

しかし自動契約機なら、契約完了後その場でカードを発行し受け取ることが出来ます。

自動契約機はキャッシング会社によって設置数が異なります。

地域によっては希望するキャシング会社の自動契約機が近くにないケースも考えられますので、申込みする前に自動契約機が近くにあるのか必ず確認しましょう。

自動契約機での手続きの流れとしては、まずネットで申し込みを行い、審査結果を受けてから自動契約機に向かい必要な手続きを取る、この流れとなります。

注意点としては、自動契約機に向かう際に必要書類の持参を忘れないことです。

基本的には本人確認書類のみでOKですが、キャッシング会社によっては収入証明書も必要となる場合もあります。

その他、必要となる書類がある場合もありますので、必ず忘れず持っていくようにしましょう。

自動契約機は概ね夜の9時、10時まで営業しているところが殆どです。

その日にカード発行さえ出来れば、借入が可能ですから、時間に余裕が持てます。

但し自動契約機でも申し込み締め切り時間がありますので、申し込みは早めに済ませる必要があります。

また自動契約機は1台につき1人しか利用できませんので、既に使っている人がいれば空くまで待つか、別の場所の自動契約機で手続きしなければいけません。

そのことも考慮し、時間に余裕を持って手続きしましょう。

■カードローンやキャッシング以外で即日お金を借りたい場合は?

カードローンやキャッシングを利用せずに、お金を借りたいという方も多いかと思います。

その場合は親や兄弟からお金を借りる若しくは質屋に物を売て現金化したり、物を担保にお金を借りる方法が良いのではないでしょうか?

親や兄弟との関係が悪くなければ事情をキチンと説明すれば貸してくれるのではないでしょうか?

相談しにくいかもしれませんが、親や兄弟であれば本当に困っている時は助けたくなるものです。

勇気を持って相談してみましょう。

その際、「お金を借りる借用書」は必ず作成し、返済日や金利は必ず明記するようにしましょう。

身内からのお金の貸し借りだからこそ、きちんと書面に証拠を残しておくべきです。

でないと、後々トラブルに発展する可能性が高いですから、口約束だけで済ませないように注意してください。

ブランド物のバッグや財布など、質屋に持っていけば高値で買い取ってくれるものを持っている方は質屋を利用するのも手です。

売れば高値は付くけどどうしても売りたくないという場合は、それを担保にして質屋からお金を借りる方法をもあります。

質屋は買い取りだけでなく貸付業務も行なっています。

基本的にその日にお金を借りれますので、即日借入にも対応しています。

ただし、借り入れ金額は担保に入れる商品の価値によって決まりますので、希望する額を借りれるとは限りませんので、その点を十分に理解した上で利用しましょう。

また万が一返済できない場合は、担保にした商品の所有権を失い質屋のものとなりますので注してください。